読書とその周辺

読書とその周辺

老いは楽し A・スマナサーラ長老著

老いて諦める連続 日本テーラワーダ仏教協会のアルボムッレ・スマナサーラ長老の本を読んで、知りたい、知りたかったことが、如実に語られていて興奮したことがある。 人間でどうようものなのか、わかった人が語る凄み。感情はないので、ダイレクトに本質に...
読書とその周辺

山奥ニートやってます 石井あらた著

自分主体で主義は無し 2020年にかなりYoutubeで話題となった本。著者の石井あらたさんはYoutube配信もしているので、当時、動画でお顔を拝見しています。 ブログも運営されているので拝読し、面白い発想の人だと思いました。「そんなこと...
健康法

ボケない片付け 高橋和子著

疲れるし後回ししたい片付け 実は私、片付けが苦手です。そもそも物量が多すぎる。今の半分以下のものに減らさないと置き場所確保ができません。 それと、休日はブログの記事を書くことがメインの為、その日の予定=目標を実践し終えると、外の空気を吸って...
読書とその周辺

新世紀身体操作論 考えるな、体にきけ! 日野晃著

ロケットと三十三間堂は柔 日野晃さんは中学生で体操のオリンピック選手、のちにジャズ。ドラマーとして活躍。ドラムの叩き方で音が変わる。叩き方を追求する中で武術に興味が湧いた。 山奥に道場を建て、武道の指導をしつつ、武道を追求してゆく。わたくし...
読書とその周辺

「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である 名越康文著

人間というのは本来、どう生きたってかまわない 名越康文さんはテーラワーダ仏教で瞑想を続けていた時期があり、今は、別の宗派で修行をされているようです。 もちろん、本業は精神科医。ご家族のいらっしゃる。テレビでたまにお見掛けすることがあります。...
読書とその周辺

病気をしない暮らし 仲野徹著

伝記ものに騙されるな この小見出しは、本書にあるものではなくって私が書評する視点です。仲野徹さんが大阪大学大学院の教授だとは知らず、ある書評サイトの書評者としてのみ存じていました。 3年前にポモドーロテクニックの書評をされて拝読させて頂き、...
読書とその周辺

生きる力活かす力 佐々木正著

東山魁夷の「道」、本道とは? 先日ご紹介させて頂いた、大杉潤さん。大杉潤のブログが気になって電車の移動中に読んでいると、人生の1冊として紹介されていたのが本書。 スティーブ・ジョブズも孫正義さんも尊敬されていた佐々木正さんを私は初めて知り、...
読書とその周辺

50歳からの老いない体のつくり方 石原結實著

体温が高いとガンにならない 石原結實さんの本は以前にも読んだことがあります。生姜が抗がん作用のある食品であると提唱された方であり、体を温めることで体調を整えられると本で紹介されてきました。 医者による健康に関する本で生活に取り入れることが簡...
読書とその周辺

還暦からの底力 出口治明著

人口が減って栄えた国なし 歴史に興味がないわたくしが、歴史から大いに学んでいる出口治明さんが気になっています。マスメディアにも登場されながらも、現在の政治風潮にも批判的。 バランス感覚があり、強欲な感じのしない自然体。立命館アジア太平洋大学...
読書とその周辺

50歳からの出直し大作戦 出口治明著

過去の人脈を起業で利用しない 出口治明さんは、ライフネット生命を起業し上場されていますが、ご自身では株を所有されなかったので、ほとんど金を手にしていません。 ライフネット生命を金融庁に免許申請する際にも、上層部の知り合いがいました。けど、口...
error:Content is protected !!